機能性について

ランドセル

折れにくい背カンを使用

最近のランドセルは、より背負いやすくなるように柔軟性の高い背カンが使用されています。また、強化樹脂を使って作られているものもあるので、折れにくくて丈夫です。テコの原理をうまく利用して、自然に持ち上がるように設計されています。

立体型の肩べルト

肩ベルトに微妙なカーブをつけて立体的にすることで、肩にフィットしやすい構造に設計されています。そのため、体への負担も軽減することができるでしょう。また、ベルトの幅が広くなっているものもありますので、重さを感じにくい構造になっています。

軽い芯材を使用

軽い芯材を使ったことで、軽量なランドセルを作ることが可能になっています。その上、丈夫な芯材なので、型くずれすることもないでしょう。小学校6年間、綺麗な状態で使用し続けることができます。

安全を考慮したナスカン・Dカン

ランドセルの横についているナスカンやDカンは、手提げ袋などを下げていると扉に引っかかってしまうことがあります。そのような危険性も考慮して、ナスカンやDカンに力が加わると外れる仕組みになっているものが多いです。これだと、やんちゃな男の子でも安心でしょう。

ランドセルは進化している

ランドセルは、いかに使いやすいか、体に負担がかからないかを考えられて、日々進化し続けています。お子さんがより使いやすくなるように、優れた機能性を持つランドセルがたくさん登場しているので、6年間長持ちするでしょう。

広告募集中